ロードヒーティングの燃費コストを大幅削減!

e-styleエコ融雪は、モバイル通信端末とカメラを既存のボイラーに取り付け、遠隔地からボイラー運転制御・画像撮影を可能とし、遠隔監視センターで24時間運転代行を行うサービスです。

イメージ図/遠隔管理センター

ロードヒーティングを24時間運転代行

従来の自動(センサー)運転によるムダな運転、誤認運転を解消。現場の状況と雲の動きや気温等の気象データを加味した効率の良い運転が可能となり、大幅に燃料コストを削減することができます。

お客様に代わって積雪状況に応じ、遠隔での監視・制御を行いますので、ムダのない融雪が可能です。もちろん、夜間の運転もお任せいただいております。

また、たくさんの分譲マンション、賃貸マンション・アパート、商業施設や病院等にご導入いただき、現在では約1,500か所に設置されております。その実績が評価され、さまざまな表彰や各メディアからの注目を受けているサービスです。

イメージ図/
ロードヒーティングの積雪・路面状況を赤外線カメラで監視。

こんなに融雪燃費を削減できました!

イメージ図/融雪燃費
イメージ図/融雪燃費

既存の設備に簡単設置

多種多様なボイラーに対応しており、設備の入れ替えや大規模な工事等は必要ありません。現在のボイラーに専用の通信機器を取り付けることで遠隔監視・操作を実現します。

また、設置する機器はモバイル通信回線を利用して通信を行いますが、セキュリティ面も万全です。

導入・年間費用について

初期導入費用
298,000円〜
(工事費用込み)
年間費用
44,000円〜
(12/1〜3/31)

※導入費用は、物件により金額が異なります。
※年間費用は、物件の融雪面積によって異なります。

見積もりやお問い合わせはこちらから